カササギのケヤキ

カササギのケヤキ

カササギのケヤキ©摂理

このケヤキは1997年、先生の誕生日にプレゼントとして月明洞にきた木です。鎮安郡龍潭(チナングンヨンダム)地域から持ってきたもので、木を持ってくる時に上の部分にカササギの巣がついていました。カササギは、韓国では昔から良い知らせをもたらすと言われていて縁起の良い鳥です。またこの木は緑陰樹(日陰を作る木)として人々に休む場所を提供する木です。そしてこのケヤキは月明洞の中でも一番大きいケヤキの木です。
先生は人に有益を与える木がお好きだそうです。

一つ、花を咲かせて目を楽しませてくれる木。
二つ、緑が生い茂って人々に休める場所を与える木。
三つ、松の木のように香りを放って趣きがあり、青の象徴として固い志と節操なある木です。
月明洞を散策した後はこの木の木陰で休んでみてはどうでしょうか

 

祈りの経緯

カササギのケヤキの祈りの経緯はこうです。

『この歴史にうれしい知らせが来るようにしてください。』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です