天の経緯、地の経緯

月明洞に秘められた天と地の経緯

『経緯(いきさつ)が値打ちだ』

鄭明析先生はこのようにおっしゃいます。

摂理の自然聖殿である月明洞は天と地の経緯があまりにも多い場所です。

月明洞は人間の構想で作ったのではなく神様の構想を受けて作ったので天との経緯があまりにも多く、月明洞を開発する過程の中でも経緯があまりにも多かったし、ここで生まれて育った先生の経緯もあまりにも多いです。それがここ月明洞です。

世界中にはさまざまな名所・観光地がありますが、偉大な人物の逸話や経緯がある場所がそのような場所になります。

聖墳墓教会はイエス様が十字架に架けられたゴルゴダの丘に建てられていると言われ、多くの人の巡礼の地となっています。

サン・ピエトロ大聖堂は使徒ペテロの墓所があるところだと言われ、世界有数の観光地であり、カトリックの総本山でもあります。

マザーテレサの家はマザーテレサがかつて活動していた施設で多くのボランティアの人々が訪れる場所です。

また偉人や有名人が使用したモノは博物館に収蔵されたりもします。

このように経緯が値打ちです。

そして月明洞は神様と聖霊様と御子主との経緯があるから、その価値が最高です。

月明洞の石、一つ一つ。

月明洞の木、一つ一つ。

月明洞のさまざまな場所に秘められた天と地の経緯を感じて、神様に出会うことができることを祈ります。

 

最後に経緯に関する鄭明析先生の箴言の御言葉を少しだけご紹介します。

神様との経緯の値打ちだ©摂理

木も石も人間も、「神様との経緯の値打ち」だ。御心があって、神様が聖霊様と御子と共に育てたおのが、価値が大きい。

 

経緯の値打ちは存在の値打ちだ©摂理

「経緯の値打ち」は「存在の値打ち」だ。誰の経緯が刻まれているかによって、価値が左右される。

 


参考記事

経緯の値打ちは存在の値打ちだ©摂理

経緯に関する箴言

 


コメント (1件)

  1. 経緯は本当に大切ですよね。経緯があってこそ、親しみや愛着もわきますし、
    その経緯を聞いて、感じることもありますよね。
    私も聖三位と経緯を重ねていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です