すべてのことはメッセージ

神様からのメッセージのことを啓示と言います。

約1年前、私が教会の友人と月明洞に行ったとき、Kさん(女性)の靴が2回もなくなるということがありました。

1回目は、月明洞到着の初日。
月明洞に無事に到着し、みんなで食事をしていたときのことです。
夕食のアヒルを食べ、宿舎への移動時間になり、会計を済ませてみんながお店を出る時、Kさんの靴がなくなっていることに気がつきました。
暗いから見落としてるだけじゃないの?とみんで探すものの、やはり、靴はありませんでした。
きっと似たような靴があって、誰かが履いていってしまったのだという結論になり、仕方がなく下駄箱にあった靴で代替することに。
なくなった靴は、Kさんがこの日のために新しく買った靴でした。

2回目は、翌日、御子愛の家にて。

御子愛の家©摂理

御子愛の家©摂理

主日礼拝を守るため、教会のみんなは御子愛の家に向かいます。
月明洞での礼拝に期待で胸を膨らませながら。

説教前に、私とKさんはトイレに行きました。
トイレは広く、人がいっぱいです。
スリッパを脱ぎ、用を済ませ、再び合流すると…何と、Kさんのスリッパがなくなっていました。
持参したスリッパは、トイレのスリッパに履き替えたときに自分で持っていなければならないのですが、Kさんは日本の感覚でそのままにしてしまったのです。
明らかにトイレのスリッパとは一線を画すデザインのスリッパでしたが、誰かがトイレのスリッパと思い込み、そのまま履いていってしまった可能性大という結論になり、しばらく待ってみたものの、Kさんのスリッパが現れる気配はありませんでした。
そしてKさん、仕方なく素足で礼拝を守ることに…。
礼拝後も、トイレに見に行ってみたのですが、スリッパの姿はありませんでした。

毎日「あなたの足の靴」、すなわち「あなたの考えと主観と行ない」を脱ぎなさい。
神様と聖霊様と私御子の聖なる地に住みたいのなら、「あなたの足の靴」を脱いで「三位の靴」を履いて行き来しなさい。

このような御言葉があります。
靴は、汚れたものを踏むもの。
自分の考え、主観、凝り固まった脳の体質などを指します。
旧約聖書・出エジプト記3章5節にも

ここに近づいてはいけない。足から靴を脱ぎなさい。あなたが立っているその場所は聖なる地だからである。

という靴に関する記述があります。
靴もスリッパもなくなったKさんに、何か捨てるべき考えがあるのか聞いてみました。
すると「ありすぎて、神様がそのことを徹底的に教えてくれた」という答えが返ってきました。
ウソのような本当の話ですが、その場にいた私も、とても人ごととは思えませんでした。

あなたがさまざまな汚らわしいものを踏んだものが「靴」だ。
これと同じく、あなたがさまざまに経験したことが「あなたの考え、あなたの主観」だ。
あなたの考えとあなたの主観を捨てなさい。(摂理の御言葉より)

「自分の靴」を捨てて「神様の靴」を履くことを、徹底的に「啓示」で教えてくれた月明洞の滞在でした。

 

月明洞(c)摂理

月明洞(c)摂理


コメント (1件)

  1. 深いですね。主を知らなかったら、そんな風に自分を振り返ることもなく、不平を言ってせっかくの訪問も嫌な思い出になってたでしょうね。
    主の懐のなんと恵み深いことか。

  2. 摂理の女子大生

    それは3年前のちょうど今ごろ
    私も御子愛の家のトイレで同じことありました。

    なるほど…そういうことだったのですね(T-T)

    遅くなったけど、神様からのメッセージを受けられて嬉しいです(T^Tは

  3. アーメン。Kさんのことを他人事だと思わず、自分にも向けられたメッセージだと思って、徹底的に神様の考えの靴だけを履いて生きていきたいです。

  4. そんなことがあるんですね…。神様のメッセージハレルヤ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です