不可能を可能にした月明洞

天国のような月明洞©摂理

天国のような月明洞©摂理

ウォルミョンドンその価値を、
始めて訪問した1998年5月には
ほとんど分からずに過ごしました。

一つ肌で感じたのは、
「まるで天国のようだ」
でした。

ある瞬間、岩の造形のあたりで
その場にいたメンバー達が
自分の国の言語で
賛美歌「ここも神の」
を歌い始め
自分も日本語で共に歌いながら
鳥肌が立つほど
歌声を通して感動が押し寄せてきました。

「ああ、天国がここでなされていくんだな」

と感じた瞬間でした。

当時は、分からなかった
ウォルミョンドンの経緯一つ一つを
詳しく知れば知るほど
日々自分自身の心を新たに
立ち直らせることができます。

経緯は、様々ですが
共通して言えるのが
「不可能を可能にした」
という事でしょうか。

鄭明析先生が、神様からもらった
岩の造形の構想を
現実化するまでの過程を見ても
様々に感じられますが、
専門家たちが不可能だと
首を横に振った作品を
全くの素人である
摂理の先生と弟子達で
完成させたのですから
神様が共にしたと言うしかありません。

人間の考えでは、不可能に思えることも
神様の構想と、御心があれば
必ず成し遂げられるという
メッセージをウォルミョンドンの
一つ一つの経緯の中から
受け取ることができます。

結婚して家庭を持って子供が産まれてからは、
まだ1度しか足を運べていませんが、
写真を見ながら、経緯を学びながら
実際訪問できる日を楽しみにしています。


コメント (1件)

  1. 天国。行きたいですね。
    月明洞は本当に素晴らしいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です