OLYMPUS OM-D EM-1 MarkⅡ発売発表!果たして買いなのか!?

マイクロフォーサーズ使いにとって、OLYMPUSとPanasonicの二陣営のフラッグシップ機(GH5とOM-D EM1 markⅡ)がフォトキナにて発表され、その価格やスペックに注目が集まっていました。

私もPanasonicのフラッグシップ機であるGH4を所有している身として、かなり興味と関心をもっていましたが、今日OLYMPUSで発売が正式に発表されました。

OLYMPUS OM-D EM-1 MarkⅡの特徴

まず価格に関しての噂に対して高いのではないかというのがネット界隈では話題でしたが、ネットでの予想価格(量販店価格:税込235,440円前後)というのに対して、OLYMPUS公式ショップで235,440円。

価格コムの最安値は税込211,890円ですが、それでもやはり高いという印象ですね。

高速連写/高速AF

連射とAF性能が大幅に向上したということですね。連射はAF追従で秒間18コマ(電子シャッター)というものすごい数字を叩き出してますが、果たしてどれくらいAF追従が効くのかを実機で試してみたいところですね。

Canonの5DMark4が秒間7コマですから、18コマでAF追従の性能が良ければかなりすばらしいカメラではないでしょうか。

さらにAF/AE固定(フォーカスと露出固定)なら秒間60コマ(電子シャッター)とな。これはPanasonicの4Kフォトのように動画からコマと取り出すイメージなのでしょうね。

AFはハイブリッドAF(像面位相差AF+コントラストAF)、121点オールクロスなど期待が持てそうです。

ファインダーもかなり良いみたいですが、以前OM-D EM-5を使っていた身としてはアイカップが外れやすかった点がかなりネックでした。オリンパスはアイカップ周りはあまり良い評判はないので、頑張って欲しいところですが。

バッテリー容量アップ

バッテリー容量が約37%増加ということで、旧機種と併用はできませんが電池の消耗の激しいミラーレス機にとっては朗報ではないでしょうか。

50Mハイレゾショット

これはかなり楽しみな機能です。マイクロフォーサーズの弱点である暗所での撮影や高画素高画質を克服する、いやそれ以上のものを提供するような機能だと思います。三脚が必要ということで、期待されていた手持ちでの実現は無理だったようですが、これだけでも買いたくなるような機能です。

6.5段分の手ぶれ補正

EM-5 markⅡのころから評判の良かった手ブレ補正機能。

世界最強6.5段分の手ぶれ補正とのことで、これはすごいの一言です。

手ブレを防ぐためにはシャッタースピードを上げなければなりませんが、シャッタースピードを上げると当然写真は暗くなります。明るさを調整するためにISO感度やF値を調整するわけですが、これにも限界があります。特にマイクロフォーサーズはセンサーサイズの小ささから高感度耐性は弱いとされており、ISO感度は私の使っているGH4でも1600が限度という感覚であり、それ以上はノイズがのるなど画質に影響してきます。

これを補うのが手ブレ補正機能。

6.5段分ということですから、シャッタースピード1/30秒必要だったところが1/3000ということ!?になるのですから、驚異的です。

動画機能

動画機能は手ブレ補正を覗いてはGH4にも後塵を拝するでしょう。

4:2:2 8bitということなので。GH4の4:2:2 10bitには負けるでしょう(HDMI出力)。

ただSDカードに記録する場合はGH4も8bit。それでもその他の部分でもGH4に軍配が上がるでしょう。GH5ならなおさらでしょう。

ライブコンポジットなどの多様な機能

ライブコンポジットは長秒露光をする場合にはかなり便利な機能でしょう。

他にも個性的な機能があるのは魅力です。

結局、買いなのか?

強力な手ブレ補正、50Mハイレゾショット、ライブコンポジットなどOLYMPUSらしい魅力が詰まったカメラに仕上がっているのではないでしょうか。

ただ個人的には静観という感じですね。

AFの性能がどれくらいなのか、アイカップの作り込み具合、そしてメニュー画面などのソフト面の作り込みなどがどれくらいなのか見てみたいというのが本音です。

正直以前EM-5を所有していたときはメニュー画面のソフト面への不満とアイカップの外れやすさから結局手放すことになってしまったので。

EM-1はアイカップは外れやすくないとは思いますが、現物を見てみたいという思いがあります。

いずれにせよ、個人的には今すぐ買いではなく、購入者の反応と実機を触ってみてからという感じになりそうです。

その上で価格がこなれてきてからという感じでしょうか。

さて、あなたならどうしますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする