[メーカー/予算別]最初に購入すべきオススメのデジタル一眼カメラ(PENTAX編/予算10万円)

メーカー別、予算別で最初に購入すべきカメラを私の独断と偏見によりセレクトしていく本シリーズ。二大メーカー(キャノニコ)、マイクロフォーサーズ陣営と続いて今回はPENTAXになります。今回も予算は10万円です。(この記事は2016年10月時点での私の見解となります)

PENTAXで予算10万ならK-70

K-3Ⅱはボディ単体で9万オーバーなので必然的にK-70になるでしょう。

標準ズームキットが無難

18-135WRの標準ズームキットが10万弱となります。

PENTAXはこのクラスの一眼でも防塵防滴となり、アウトドア系に強い印象のカメラメーカーですね。メーカーの製品情報ページを見てもアウトドアに強いという感じで作り込まれています。

ネイチャー系の写真を撮りたいという方はPENTAXはオススメできると思います。(ネイチャー系というとOLYMPUSも強い印象ですね)

この標準ズームキットもレンズに簡易防滴となっているのでちょっとの雨に濡れても大丈夫でしょう。(もちろん精密機器ですので油断は禁物。使用後のケアは入念に)

私の使用しているPanasonicGH4とOLYMPUS PROレンズの組み合わせも防塵防滴となっています。急な雨での撮影、風の強いグラウンドや海岸など水や塵にさらされる環境でもある程度の安心感を持って撮影できるというのは心強いです。

そういう意味でPENTAXという選択はありだと思います。(もちろん他のメーカーも防塵防滴のカメラは出していますが、この予算10万円シリーズでチョイスしたカメラで防塵防滴なのはPENTAXだけです。)

ただし、キャノンやニコン、マイクロフォーサーズに比べると対応レンズの少なさという点では若干のデメリットを感じるかもしれません。ただ少なすぎるということはなく必要十分な種類はあるので大きな問題ではないかもしれません。

PENTAXで単焦点レンズを狙うならDA 35mmF2.4

単焦点レンズを狙うならsmc PENTAX-DA 35mmF2.4ALでしょう。

防塵防滴や簡易防滴ではないのでせっかくのボディの防塵防滴が活かせませんが、単焦点レンズならではの解像力で街歩きスナップをしたいならこれでしょう。

35mmという焦点距離は35mm換算で52.5mmなのでど真ん中標準レンズで最初の一本としては良い選択ではないでしょうか。

まとめ

PENTAXをなぜ選ぶのか。その理由がはっきりとしていないのであればあまりオススメはできませんが、アウトドアなどでネイチャー系の撮影をしたいというようなはっきりとした理由があるのであれば、選択する価値はあると思います。

ちなみに私は最初の一台としてPanasonicを選択したわけですが、それは写真だけでなく動画も妥協したくないということで動画に強いGH4という選択をしました。

二大メーカー(Canon/Nikon)はメリットも多いのですが、それ以外のメーカーにもそれぞれメリットがありますので、メーカーサイトや店舗の実機などを見てじっくり選んでみてください。その過程が結構楽しかったりしますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする