[メーカー/予算別]最初に購入すべきオススメのデジタル一眼カメラ(Panasonic編/予算10万円)

メーカー別、予算別で最初に購入すべきカメラを私の独断と偏見によりセレクトして行きたいと思います。二大メーカーであるCanon、Nikonに続き、今回は私も愛用しているPanasonic編になります。今回も予算は10万円です。(この記事は2016年10月時点での私の見解となります)

PanasonicならGX7MK2の一択

予算が10万でなければGH4を推すのですが…(GH4とGH3を使っていますが、本当に素晴らしいカメラです)残念ながらボディ単体で予算オーバー。

予算10万ということならGX7 MarkⅡが良いのではないでしょうか。ミラーレスらしい自由度の高いデザインでフラットで小型軽量なボディは持ち歩きやすく街歩きスナップなどにも最適です。

Panasonicは4K動画を民生機で初めて搭載したメーカーでこのGX7 MarkⅡも4K動画が撮影できます。まぁ、4Kを再生できる環境がある人はまだまだ少ないと思うのであまり使うことはないのかもしれませんが、それだけのスペックがあるというのは素晴らしいですね。

GX7MK2に標準ズームキットに単焦点レンズ

本当はライカレンズのキットが理想だったのですが、残念ながらこの記事の趣旨的には予算をオーバー。11万出せるなら迷わずこの一択でしょう。

予算10万に収めるなら標準ズームレンズキットに単焦点レンズOLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8を一本追加してみましょう。標準ズームレンズと焦点距離はかぶりますが、使いやすい画角のレンズです。パンケーキレンズと言って、とても薄いレンズでもあるのでGX7 MarkⅡの小型ボディと組み合わせることで軽量コンパクトで携帯性の高い街歩きスナップカメラの出来上がりです。

35mm換算で34mm相当のレンズ。このカメラとレンズでたくさんお出かけして写真の腕を上げるのはかなりオススメです。

GX7MK2に単焦点レンズ一本

ボディ単体に単焦点レンズを一本の組み合わせです。M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8はポートレート撮影向きの写りの良いレンズでかなり評判が良いです。風景撮影にはあまり向きませんが、この選択はかなりありだと思います。Panasonicはマイクロフォーサーズマウントなので、OLYMPUSのレンズも問題なく使えます。

最初のカメラ・レンズで中望遠の単焦点レンズ一本というのは、決して使い勝手が良い組み合わせではないと思いますが、中望遠の美しいボケ味や圧縮効果などの魅力は素晴らしいですし、中望遠が好きな私としてはあえてこの組み合わせをオススメさせていただきます。

まとめ

Panasonicはミラーレス一眼や動画に注力していますが、GX7 MarkⅡはミラーレスらしい軽量コンパクトなボディで4K動画にも対応しておりオススメのカメラの一つです。

GH4ユーザーとしてはぜひPanasonicも候補の一つとしていただきたいと思います。

次回は同じくマイクロフォーサーズ陣営の一翼を担うOLYMPUSで予算10万で考察したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする