[Q&A]持ち運びしやすくて丈夫な、おすすめの三脚は?(CanonEOS-6D,女性)

知り合いの女の子から質問がありました。

Solたん

Solちゃんのブログ:摂理のユートピアだより

持ち運びできて軽くて丈夫な三脚でオススメはあるかな

ということでした。

せっかくなのでこちらのブログにまとめてみましょう。

まずは私の持っている三脚をさらしましょう

まず、私の所有している三脚を全世界にさらしてみようではないか。

メインの三脚で1年近く愛用している。MeFOTOのトラベル三脚。自由雲台付き。

1.66Kgでもっともコンパクトにした収納時サイズが430mm、それでいてもっとも高くすると1590mmまで伸びる。そして一脚にも変身できて2万円をきるコスパの良さ。

かなりオススメ。

こちらは私はヤフオクで落札しました。2.51kgと重いのが難点ですがMACC(マルチアングル・センターコラム)システムという機構により自由なセッティングが可能になります。

これ実はメイン三脚のA1340Q1が脚が曲がってしまって修理に出していたときに臨時で購入したものになります。この三脚はひたすら軽くて小さいのが特徴です。1.08kgという軽さと収納時270mmという小ささです。

この他にManfrotto ミニ三脚 PIXIも持っていますが、これはジャンルが違うのでスルーします。

三脚購入時に気にするべきポイント・スペックとは

3本の三脚を使ってみて私個人が感じている三脚購入時に気にするべきポイント・スペックを挙げていきたいと思います。もちろん使用目的によって気にするべきポイントは変わってくると思いますのであくまで参考程度でお願いします。

①重さ

家でしか使わない人や車で移動する人にとってはあまり気にするポイントではないかもしれませんが、持ち運ぶ上で重さは重要なポイントです。あまりにも重いと持ち運ぶ気力がなくなり結果シャッターチャンスを逃すことになります。

だからといって軽ければ良いのかというとそうではなく、軽くなると安定性がなくなり、ブレの原因につながったり最悪の場合転倒の原因にもなります。

Velbon UT-43Qなんかは約1kgと軽いので持ち運びには最高ですが、やはり安定性の面では不安が残るのは正直なところ。逆にVANGUARD AltaPro264ABくらいになると2.5kgになり持ち運ぶにはかなりしんどいです。その点MeFOTO A1340Q1なんかは1.66kgで安定感もあり、かなり使いやすいです。

②高さ(全伸長と最低高)

次に高さです。全伸長とはもっとも高くした時の高さであり、最低高とはもっとも低くした時の高さになります。

全伸高は自分の目線までカメラがくるのが理想でしょう。そのため自分の身長ー25cmくらいは全伸高があると良いと思います。

たとえば私の場合、身長が184cmありますので、目線の高さは175cmくらいです。三脚の雲台にカメラを載せるとファインダーの高さは全伸高にカメラの高さを足したくらいになるので、全伸高は160~165cmくらいがベストという感じでしょうか。(GH4の高さは9.3cm)

この点でいうとVelbon UT-43Qは155cmとちょっと物足りません。

最低高が低いとローアングルの写真を撮るのに重宝します。この点でもMeFOTO A1340Q1は良い仕事をしてくれます。センターポールを逆さまにすることでほぼ地面スレスレの位置までカメラを持っていくことが可能です。ただしカメラは天地が逆になります。

③収納高(脚の段数も気にしよう)

そして収納時のサイズ(収納高)も重さと同様に持ち運びのしやすさからとても大事になってきます。この点でVelbon UT-43Qの270mmは驚異的ですが、ここで脚の段数にも注目してほしいと思います。収納時サイズを小さくするためには脚の段数を大きくする必要があります。

Velbon UT-43Qは収納時サイズが小さくなる分、脚の段数は6段と多いです。脚の段数が多いということはそれだけジョイント部分が多くなるため安定性は落ちます。

軽さとコンパクトさと安定性を両立するのは難しいのです。

④最大耐荷重とパイプ径

その三脚がどのくらいの重さの機材に耐えられるのか。この数値は安定性の目安とも言える。

自分の機材を考えてある程度余裕をもった最大耐荷重の三脚を選びたい。

またパイプ径も太ければ太いほど安定するのでこちらもちょっと気にしてほしい。

ざっと挙げてみたがこんな感じかと思う。

では何がおすすめなのか

さて本題であるCanon6Dユーザの華奢で可愛らしい女の子でも使いやすい軽くて持ち運びやすくてしかも丈夫な三脚とは。

。。。。

。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。

三脚界の王様、GITZO!金額、1万円じゃないですよ、10万ですからね。なんたってカーボンですよ、軽くて丈夫です。

しかし予算的にこれはないとおっしゃってましたので、次からは真面目に(金額以外であれば完璧なんですがね)。

1位 MeFOTO A1340Q1

私も使っているMeFOTOのトラベル三脚。2万円をきるコスパの高さで1位とさせていただきました。雲台も使いやすいしカラーバリエーションも豊富なのでオススメの一品です。

2位 Manfrotto 190Go!

人気の高いイタリアの三脚メーカーマンフロット。その中から条件に合いそうな三脚をチョイス。

90°センターポール機構もついているモデル。おそらくMeFOTOより質は良いと思いますが、雲台が付属しないで2万を超えるので雲台もある程度のものを買うと3万近くにはなりそうです。

こんなのもあり?

アマゾンでちょっと探してみるとカーボン製で1万7千円というモデルも。ちょっと怪しいですが、こういうのを探してみるのもありかもしれません。

まとめ

三脚もいろいろな種類があって正直迷ってしまいます。高いものは10万を軽く超えるものまであり、安いものは数千円のものまであります。

数千円のあまりにも安い三脚はあとから後悔することになるのでおすすめはしません。あとから後悔しないためにある程度のレベルのものを選びたいところ。

私のチョイスしたおすすめ三脚も私が知っているものの中から選んだに過ぎません。

いろいろなメーカーのものを調べて、実際に家電量販店で実物を触ってみて、悔いのない一本を見つけてほしいと思います。

ちなみに三脚にハマると使用用途に応じて三脚を使い分けたくなって三脚がどんどん増えていくので三脚沼にはくれぐれもご注意を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする